> 循環器内科

循環器内科

循環器内科を受診される方へ

循環器内科は、主に心臓と血管の疾患を扱う専門科です。
循環器系の疾患は、狭心症や心筋梗塞、心臓弁膜症、不整脈、心筋症、心筋炎、うっ血性心不全、閉塞性動脈硬化症、大動脈瘤、頸動脈硬化症など様々ですが、特に狭心症、心筋梗塞、大動脈瘤や動脈硬化症は、加齢とともに、糖尿病、高血圧、高コレステロール血症、肥満、高尿酸血症、腎機能障害などの生活習慣病が複雑に絡み合って発症することが多く、早め対策が重要です。

 以下のような症状がおありの際には、お早めにご相談下さい。

  •  動悸、息切れ、胸の痛み、胸の圧迫感
  •  呼吸困難、チアノ─ゼ、背部痛
  •  めまい、立ちくらみ、むくみ
  •  咳や息切れ、動悸などの胸部症状が続く   等々

 咳や息切れ原因が心臓病に起因していることもあります。

長引く咳や痰を単なる「風邪」と思っていたら、実は心臓の病気が原因になっていることがあります。

この場合、当然ながら咳止めや風邪薬の内服ではそのような症状は改善しません。

また、胸部レントゲン写真や安静時心電図では異常がはっきり見つからないこともあり、心エコー検査やCT、血管造影検査ではじめて診断されることがあります。咳や息切れが心不全や狭心症、心臓弁膜症など心臓病のサインで、稀ながらも心臓腫瘍や心サルコイドーシスが隠れていることもあります。

もし薬を飲んでも治らない咳や息切れ、動悸など胸部症状が続くようなら、ぜひご相談下さい。

単なる風邪なのか、肺炎、咳喘息や結核、アレルギー性気管支炎などの呼吸器系疾患か、あるいは心臓疾患なのか適切に診断し最適な治療方針をご提案致します。

循環器内科の主な対象疾患

 動脈硬化(動脈硬化症)について

身体のすみずみまで栄養を行き届かせている動脈。動脈をはじめとする血管は、弾力性に富んでいますが、年をとるとともに血管にも老化現象が起こります。

弾力性が失われて硬くなったり、内部に様々な物質が沈着して血管の通り道が狭くなり、流れが滞るような状態を「動脈硬化」と言います。

動脈硬化が進行することにより現れる様々な症状を「虚血」や「梗塞」といい、 脳に生じれば「脳梗塞」、心臓に生じれば「心筋梗塞」と呼びます。

 狭心症・心筋梗塞

動脈硬化が進み狭心症・心筋梗塞に至ると死に至る危険性が増します。

狭心症の場合は、胸の圧迫感や痛みなど一時的な発作ですむことが多いのですが、進行して心筋梗塞を起こすと失神するような激しい痛みに襲われ、最悪の場合には心臓の停止・突然死を招くことがあります。

狭心症・心筋梗塞を予防するには、動脈硬化の原因となる高血圧や高脂血症などにならないようにすることが大切です。

 不整脈

不整脈とは、平常時における心臓の鼓動が一定ではなくなる状態を指します。

成人平常時の脈拍は一分間に60回~80回で一定のリズムで脈拍を打っていますが、心臓が規則正しい収縮を行なわないために脈が速くなったり、遅くなったり、飛んだり、乱れたりする状態を不整脈と呼んでいます。

 弁膜症

心臓には4つの部屋があり、各部屋の出口には血液が逆流しないように弁がついています。心臓弁膜症とはこの弁が正しく機能しなくなった状態であり、弁が硬く狭くなった状態を狭窄症、きちっと閉じないで逆流が生じた状態を閉鎖不全症といいます。

尚、弁膜症自体は、お薬では治りませんので病気がある程度進行した場合には手術が必要となります。

 心不全

心不全とは、心臓の機能の低下によって血液が体内に十分に供給されなくなった状態で、その結果として身体に様々な症状が出る状態で、一般的に心不全は病気の名前だと思われがちですが、実際には心臓の機能が低下した状態のことを「心不全」といいます。

主な症状としては、疲労感、倦怠感、息切れ、呼吸困難、むくみなどがあげられ、「階段や坂道をのぼると息が切れる」「少し動いただけでも疲れる」「体がむくみやすくなる」などを感じます。

 閉塞性動脈硬化症(ASO)

手足(主に下肢)の動脈が、動脈硬化によって狭窄や閉塞をきたし、末梢に循環障害の起こった状態です。手足の末梢の動脈に生じ、徐々に進行していきます。

進行とともに冷感、しびれ、足の痛み、潰瘍といった症状が現れる慢性疾患ですが、血栓(血のかたまり)が形成されることによって急速に悪化するケースもあります。

 末梢動脈疾患(PAD)

全身(主に下肢動脈等の末梢血管)の動脈硬化性疾患のことを言います。上記の閉塞性動脈硬化症(ASO)のほか、バージャー病(閉塞性血栓血管炎)や血管炎などを含み、単に「閉塞性動脈硬化症(ASO)」と称するよりも広い疾病概念になります。

現在では、「末梢動脈疾患(PAD)」という疾患名のほうが、よく用いられるようになってきています。

ページトップ